• ヴィーヴルへ
  • ジステンパーとの闘い
  • ヴィーヴルからの声

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

Powered by Movable Type 4.261

HOME>VIVRE>ジステンパーとの闘い

今朝初めて嘔吐する。顔色も悪い。病院の先生の指示で通常どおり寄生虫駆除錠剤と栄養剤を 飲ませる。ミルクに療法食のドッグフードを浸したものを注射器でゆっくり与える。昨日あたりから 注射器で飲ます方法すら嫌がるようになった。今日こそ最終手段(入院)になるかもしれない、と覚悟しつつ 正午病院に連れて行く。その途中車の中で、2~3度嘔吐する。それ以外にも吐くそぶりを何度かする。 もう吐くものはないのだろう。先生に病状を話すと「即入院しましょう」と言われ、思わず泣きじゃくってしまった。 泣くのはまだ早いとわかっているものの、何とか自分の手で看病してご飯を食べさせて、 ウィルスに対抗できる体力をつけさせてあげたかった。

体重は2.25kgから2kgに減少してしまった(もう落ちる物もないのに・・・)。 先生の話によると、点滴は体に一番負担がかからない方法でより多くの点滴を打ってくれるとのこと。 また、鼻から管を通し流動食を入れていく。 面会については、始めは「難しい」とおっしゃっていたが、窓越しの面会を許可してもらった。

『自宅投与(薬)』…寄生虫駆除用錠剤/栄養剤/ミルク
『病院にて』… 入院→点滴(24時間、一定量)流動食

Previous " 7/22 "| 

PAGE TOP