• ヴィーヴルへ
  • ジステンパーとの闘い
  • ヴィーヴルからの声

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

Powered by Movable Type 4.261

HOME>VIVRE>ジステンパーとの闘い

朝から何も食べない、水も飲まない。最初は、いつもの気まぐれで ドックフードを食べないのかな?と思ったが、普段はかなり水分をとる子なので 水を飲まないのはおかしいと思い始める。全く起きようともせず、遊ぼうともしない。 夕方になって、いつもの下痢とは異なり、便にかなりの出血を伴う。色も黄色っぽく、異臭がする。
それに、いつもよりもケイレンがひどい。これはおかしいと感じ、病院に連れて行く。

便ウィルス検査・血液ウィルス検査等をした結果、まず便からはパルボの陽性反応が出る。 ただ、「あくまでも簡易検査の結果なので、100%パルボとは言い切れない」とのこと。 血液センターで、詳しく鑑定してもらう為、採血する。
血液ウィルス検査から分かったことは、 長期下痢の為、25%貧血を持っていることが判明。ただこれは、寄生虫が駆除されない限り 仕方ないこと。また、腎臓の働きが弱いと指摘される。(肝臓は健康)

パルボの可能性あり・寄生虫 だけでも、目を覆いたくなるのにヴィーヴルにはもう一つ、ジステンバーの可能性もあった。 これも血液検査の結果が出ないとはっきりしないが、前途したように「ケイレン・歯茎の色の悪さ」 が引っかかるそうだ。ただ、膿んだ感じの鼻汁と目やには出ていない。血液検査の結果が 出るのは、4日後ぐらい。(運の悪いことに土.日を挟んでしまったため)。結果を待って治療するのは 手遅れになるので、先生がパルボ・ジステンバーの可能性を見越して、今日からインターフェロン の投与を始めることとなった。

『自宅投与(薬)』…寄生虫駆除用錠剤
『病院にて』…インターフェロン/皮下点滴注射

Previous " 寄生虫 "| 

PAGE TOP