HOME>BLOG>2009.07.24(Fri) 家族として...。

リビングde西湖 |

Jul24

家族として...。

16:37 PM  Tags:

 

20090724.jpg

2世帯で同居しているとく両親。とく父の体調がここ数ヶ月特に芳しくない。芳しくないといっても、内臓系がどうこうではなく、1年前に大腿骨を骨折・入院・・その数ヵ月後退院し、自宅でリハビリをしていたのだが絶対的な運動量も落ち、年齢と共にもろくなっていた骨を支える筋肉もそれと同時にガクッと落ちてしまった。
その影響も大きいのだろうけど、とにかくありとあらゆる関節も痛み出して日常生活に支障が出るまでになってしまった。トイレも1人では行けず、誰かの介助が必要。前立腺ガンを患ってからトイレも近いし、いかんせん年とともにとく父のせっかちはパワーアップ(笑)足が不自由なのだから、もっとゆっくり~~と言っても、せっかちの人はせっかちに動こうとするものだ汗2
まぁ、そんなこんなでとく母は家をあけることが出来ず、以前は週2回通っていた習い事も全然行ってなくて、夜中もとく父のトイレの度に起こされ・・・今度は母が倒れるんじゃないかって。嫁として母のフォローはしてるつもりだけど、もっと母を楽にしてあげたい。でも父は嫁の私には気を遣ってるからね汗2 私を頼るってのはよっぽどじゃないとしないんだよなぁ。仕方のないことなんだけど・・・・。
少し前までは、何の力にもなってあげられてないと落ち込んだりもしたけど、最近は「声をかけられるのを待つんじゃなくて、小さなことでもやれると思ったことは進んでやろう」と開き直れた(笑)
まずは、病院の付き添い・運転だけでも母の力になれればと今週から一緒に行くことにした。「ひーちゃん(bubu)がいてくれるだけで心強いわ」と言ってくれた母。これまでは、嫁と言ってもやっぱ他人というか、壁みたいなものを時々感じることがあったけど(私が勝手にそう思っていただけかもしれないけど)その一言だけで「自分もちゃんと家族の一員として何かを果たせてるんだな」と嬉しくもあり、何かが繋がった気がした。それは家族の絆・・なのかな。

相手の両親と一緒に暮らすということは、ゆくゆく介護をするということ。もちろんその心構えをして一緒に暮らしている。今のところ母は元気だし、父も足や関節の痛みで思うように動けないものの介護という感じではない。ん~?そんなこともないか?(笑)
いずれにしても、本当の意味での介護が必要になった時、きっとそれは想像するよりもはるかに大変なことだと思うけど、いつどんな時でも心の隅に「家族の絆」を忘れずにいたいと思った。

やべっ、柄にもなく真面目なこと書いちった(爆)(爆)


Trackback(0)

このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックは管理者の認証後反映されます。

10 Comments

華ママ

介護の大変さ・・・痛感してます
でも・・同居してたら情も移ってるだろうし、お世話になることもあって、してあげたいって思いも募るでしょう
私の場合は次男で別居
義母から「ご飯食べにおいで」って言われ行くと「なにゃ!ただ飯喰いにきたんか!」っと憎まれ口叩く・・・
いつもいつも「おまえらの世話になんかならんわ!親には、いっこも金入れんと遊んでばかりで」っと憎まれ口の大安売り状態
今は優しい義母に先立たれ、憎まれ口の義父の介護をしている
時々「オムツしてて憎まれ口叩くな!」って怒鳴りたくなる
なんでやろぉ~
身体は劣っても口は劣らない
でも・・長男が寄り付かないから面倒みないといけない・・・
きっといいことあることを信じながら・・・・

bubu

> 華ママしゃん
そうですか。華ママさんは介護の真っ只中なんですね。
例えば健康で自分の思うように体が動く、自分の意思を伝えられる、そういう状態の時は
物事がスムーズにいくし、自分自身のストレスもないけど
病気とかで自分のやりたいように体が動かなかったりすると、イライラが募って
これまでは平気だったことも我慢出来なくなったり、声を荒げるようなことがあったり
性格変ったなぁ・・・って今の義父そんな感じです。
誰かに何かをしてもらう・または誰かに何かをするって、双方が平常心できちんと向き合えてれば
ちょっとしたボタンの掛け違いがあってもそれを直すことは出来ると思うけど
一方が心や体のバランスを崩していれば、中々かけ違いを直せなかったりしますよね。
>時々「オムツしてて憎まれ口叩くな!」って怒鳴りたくなる
華ママさんにとっては、一生懸命義父さんのこと介護してるのに、憎まれ口叩かれちゃ「ムグググッ・・」ってなりますよね汗2
私が同じ立場でもきっと怒鳴りたくなっちゃうと思います。
でもそこを実際怒鳴ってしまうか、グッと堪えるか・・・その境目って実はとっても大きいんじゃないかなぁ。介護される側にとってもする側にとっても今は決して優しい社会とはいえない気がするけど、ただ1つ言える事は、義父さん憎まれ口を叩く相手がいて、ちゃんと見てくれる華ママさん家族がいるということは幸せなことですよね。(華ママさんは・・・大変でしょうけど汗2

Matya

家族の絆ってただできるわけではないんですよね、
困難があって、いろいろあったからこそ生まれる深い絆ってあるんですよねキラリン
ワンコも同じかなスマイル

妹:とも。

久しぶりハート
今週は仕事が忙しくて忙しくて・・・全然PC開く時間がなかった(@△@;)
自分、おつかれ(笑)


とっくんのご両親は年も年だから、介護は遠い未来の事でもなさそうだよね。。。
おじちゃんが歩けるようになってくれたら・・・ね(ノ_・。)
だけどオネエはすごいよ、うんうん。
ただでさえいつも「いい嫁」って言われてるのに、今じゃ「完璧な嫁」だもんね★”
オネエの存在は、とっくん家にとって、すごく大切な存在だと思うよ!
あんまり考え込まないで・・・って言うのは無責任かもしれないけど、オネエの方がこんつめて体調崩さないように!
おじちゃんと同じくらい身体弱いんだから(笑)汗2


うちらの両親はまだ2人とも元気だからいいけど、いつか自分の親の介護の事について話し合わなきゃいけなくなる日も来るかもだね。
想像しただけで涙が出てくる・・・・。。。
健康でいる事ってすごくすごく大事な事だね。


家族の絆、ホント大事にしましょハート

bubuちゃん、私は自分の親ほど夫の両親を愛する事が出来ずに
それを自分で強制した時期もあったから
余計にジレンマでもがいた時期もあったけど今は自然体で接してる
確かに介護は綺麗ごとじゃすまなくて時には突き放しも大事になる
出来る事はなるべく自分でするって姿勢が介護される側にも必要で
何でもかんでも手を出すのは良い事じゃないと経験から私は思うんだ
残存する機能はなるべく長く維持するのが大事なことだから

bubuちゃん、介護はロングランだから
体力が維持出来る範囲で走ってね
途中で十分水分補給(自分へのリフレッシュ)をして
ゆっくりゆっくりだよ

bubu

> Matyaさん
お返事遅くなりました汗2 Matyaさんが言うようにワンコも一緒かもしれませんねぇ~。
以前の私なら、見てみぬ振りというか、親のことは親で・・私たちのことは私たちでみたいに、割り切っていたんですけど今回のことで、親のことにも立ち入る?ことで母の苦労・父自身のストレスを間近で感じ、私自身色々考えることが多かったですね。
頭の中であれこれ考えてると、自分自身のストレスになるみたいで・・
とにかく今は何か思ったらすぐ行動。これが自分が楽な道っぽいです(笑)
課題は山ほどありますが(一番のネックは父の性格・・汗2)後々後悔しないように、いい方向性を見つけていければって思ってます!!

bubu

> ともちゃん
おぅー!ともちゃんお疲れぃ♪昨日はリフレッシュ出来たかな?スマイル
完璧な嫁かぁ・・・(爆)全然だよーーー無
私も人間、色々あるさ(爆)(爆)
だけど、話したことあるかもしれなけど、妙ちゃんの言葉を守ってるだけよ。
「頭に来ることとかいっぱいあると思うけど、その場は“はぃ”って言っておきなさい」と。
あとは、どんだけムキーーッってことがあっても、やっぱりさビボンのことが大きいんだよね。
母は犬が好きじゃなくて、犬は外で飼うもの。だったから家建てた時もビボンのことでは色々あって。
だけど、今では立ち入り制限はあるものの(笑)本当に可愛がってくれて・・。
そのことへの感謝の気持ちが凄く大きい。
ビボンへの母の接し方・・そこが私が親を大事にしたいと思える根っこになってるのかもしれないな。


家の両親も、本当に本当に少しでも長く元気でラブラブ(笑)でいて欲しい。
その一言に尽きる・・・。

bubu

> YUKI姉さん
> 何でもかんでも手を出すのは良い事じゃないと経験から私は思うんだ
まさにその通りだと思う。我が家の今一番の課題がそこなの、ねぇさん。
毎日のように父自身のリハビリに対する姿勢を話してるの。
でもね・・・ここが難しいのよね・・・。
上にも書いたけど父の性格や超厄介で(爆)あぁ言えばこう言う・・母が一生懸命自分でやってって言うと、逆切れしてしまって。
でも、私が見てる限りまだまだ母は優しすぎる。父には申し訳ないけど父のために
お母さんが知らん顔?することが大事で
母、見てると手を貸したくなっちゃうからその場から離れるか買い物とか習い事行くかしたほうが絶対にいいよって言ってる所。
記事にも書いたように父は嫁の私には気を使ってるところがあるからさ、例えば母が外出してる時、どうしても・・って時は私を呼ぶのね。
それぐらいが1番いいんだ。父のリハビリになるから。
母もよく分かってるはずなんだけど、本人目の前にとなると割り切るのは難しいみたい。ん~~~・・・・。
父がいい方向にむかう手段は分かっているけど、うまく回ってない・・・それが歯がゆくもある・・。

うんうん、bubuちゃんの歯がゆい気持も十分分かるよ
必ず直面する問題
そして仮に自分が同じ立場(介護される側)になったとき
出来れば健常である時感じた自分でありたいと思う
正気の時と認知症がからんで来るとまた状況はちがって来るけどね

bubuちゃんが妹さんにコメントしていた
>感謝の気持ちが凄く大きい
この気持凄い大事な事だと思う よく気付いたね
実は私も夫のお母さんに対して感謝の気持が根っこになってると思うんだ
一言では説明出来ないけれど私の立場(跡取り娘)をくみ取ってくれて
時に実家重視に振舞ってしまった事、我慢してくれた時期もあるんだ
ビーちゃんの存在は本当に大きかったね

ピースもね、父と私の架け橋的な存在だったよ♪

bubu

> YUKI姉さん
ホント、自分が介護される側になった時、今感じたこと忘れずにいたいなぁって思うよ。
ねぇさんが言うように認知症が絡むと難しい面が沢山出てくるよね。
とっくんのお婆ちゃん、晩年ちょっと認知症になったみたいで、その姿を見ているからとっくんは父が認知症になったら・・と凄く心配してる。
私はそういう経験がないから頭でしか分からないんだけどね・・・。
ビボンにしてもピー助にしても、ワンコが繋いでくれるもの、与えてくれるものは本当に大きいよね。
普段の生活だけでも、ビボンがいてくれたから・・って思えること山ほどあるけど、こういう状況の時も実はってこと気付かされる。
ほんと、ビボン様様~だわキラリン


とりあえず、今週の金曜また大学病院だから先生とちゃんとコミュニケーション取れる様(父、片耳は一切聞こえず、もう一方の聴力もほとんどないの)架け橋になってくるねぇー。
私の声は通るらしく?家族の中で1番聞き取りやすいんだって(笑)

リビングde西湖 |

▲page top

Information

twitter

bubuのミシン部屋

FEED FOR FRIENDS

Total : counter
Today : *
Yesterday : *

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

Powered by Movable Type 4.261