HOME>BLOG>Monthly *2005年10月 Archives : Page 1/6

| 

*2005年10月

Oct31

結婚式参列

14:29 PM  Tags:

 

*

*昨日は、元会社の同僚(新郎)の結婚式で、とっくんと夫婦で参列してきた。

びぼんさんは、大好きなセビッチの家で預かってもらった(セビママファミリーありがとう。お世話になりました~)。セビママ宅には、こういう時いつも預かってもらってるし、普段も頻繁に遊びに行ってるので(笑)全く心配はない。安心して、行事に臨むことが出来る。非常にありがたい存在だ。聞けば、セビルの秘密基地まで案内してもらい、大ハッスルしてきたとな・・♪ビボンにとっても、楽しいお預かりタイムになったみたい。良かったね(^o^)丿


Oct29

タワシ男

16:32 PM  Tags:

 

*

ここんとこ、しきりに足の裏を舐めるビボンさん。だが、昨夜は、いつも以上に足裏を気にして、舐めまくっているので、見てみると....

肉球の一部が、擦れていて赤くなっていた。

「ん?? 昨日はこんなんじゃなかったぞ?」と記憶を呼び覚ます。

待てよ・・・確か今日ビボンの足の裏を洗ったのはとっくんだ!

bubu 「ねぇ・・・何かしただろ?」

とっくん「いや・・タワシで足の裏ちょっとゴシゴシしただけですけどぉ(明らかにキョドってる)」

bubu 「ちょっと??? 本当にちょっとか? 嘘を言え! アンタがタワシを持つと、何かに呪われたように、洗うじゃないかッ! 髪の毛振り乱してゴシゴシするじゃないかッ! その性格しかとお見通しだ!」

とっくん「・・・・エヘッ」

エヘじゃないよ・・そこのアンタ。誰も褒めてはおりませんからっ!(笑)

痛々しいビボンの肉球。母ちゃんがその仕返したっぷりしてあげるからね♪と天使の笑みでビボンに語りかける私(ニヤリ)

と言うわけで、腹筋30回&bubuの強烈デコピンをお見舞いされたとっくん。

それでも、笑いが耐えない我が家・・・あぁ~素敵過ぎる(爆)(爆)


Oct28

昔のおもひで

19:23 PM  Tags:

 

*

今は自他共に認める愛犬家の私。"犬好き"のきっかけは、近所のシロという大きなワンコの存在。そして、父親譲りである。

だが、犬が好きというよりは、シロが好きというだけで、他のワンコは怖くて触れもしなければ、近づくことさえ出来なかったのだ。

さて、物心ついた小学生の時。近所でも有名な「怖い犬」の側を、私の兄・近所のガキンチョと通った時の事だ。

鎖が外れてる・・・・真っ先に気付いたガキンチョ達が猛ダッシュ!!! 続いて私の兄も猛ダッシュ! このメンバーで女子は私だけ・・そして一番年下。私が気付いた頃には、兄・ガキンチョは遥か遠くまで逃げていた。

「ギャァァぁーー!」と鼻水垂らしながら(記憶にはないが、絶対にチビッていたと思う・・爆)必死に逃げ惑う私。ケツすれすれで、追いかける犬・・・

多分あの時の私の走りは、カールルイスぐらいのタイムを出していたであろう(笑)

結局、400mぐらい走ったところで、飼い主さんがワンコの脱走に気付き、呼び戻しに来てくれたので助かった。この時思った。「兄とガキンチョは悪魔だ」と(ーー;)

それから数年後。恋盛んな小学校高学年の時。当時好きだった人の隣の家が、私の友人宅であった。友達と一緒にその友人宅に遊びにいったのだ。またまたその家でも犬を飼っていて・・・すげぇ吠えるし、威嚇するし「かなり怖い・苦手な犬」だったのだ。

一緒に遊びにいった友達A子は、私に引けをとらない犬嫌い(爆)

そのA子は気付いた

「鎖が外れてる・・・」と。

振り返ったときには、A子は門扉を閉め、脱出済み。私は閉じ込められたのだ(ーー;)

またしても、鼻水垂らしながら・チビリながら友人宅の庭を逃げ惑う私・・・・。

思いっきりケツを噛まれた

そして・・・翌日学校に行ったとき、好きだった人に言われた

「お前、ケツ噛まれたんだろ?」と・・・・。

あの赤っ恥な気持ちは一生忘れることはない。

そして、A子を呪った(爆)

こんなに色々怖い・恥ずかしい思いをしたら、犬嫌いになっても可笑しくないのだが、今はこんなに犬好き。

世の中不思議なものであります(笑)


*

本日は、相棒セビ&セビママと共に、東村山*多摩湖見学ツアー@セビママ実家で晩御飯をご馳走になってきた。

どうも、bubu&セビママ(+セビボン)コンビのプランは、何か抜けた結果になるというのが、定着してきた模様(笑)

またまた、確認してみよう。今日は、多摩湖見学ツアーだ。
ということは、多摩湖を見ながら、ワンコと素敵な旅をするというプランなのだ。

だが・・・・多摩湖・・・・平成21年まで工事(-_-;)
遊歩道の周りは、工事の壁だらけで、多摩湖の「た」の字も見えなければ、埋め立てられた土・トラックだけが私達の訪問を待っていたという結末(爆)(爆)

目的地ハプニングは、私達と切り離して考えられないようだ(笑)

無論、工事中のため、この公園?内の駐車場も、なくなっており・・・。

だが、"せっかく来たのだから" ということで、有料Pを見つけ、そこから工事壁(爆)をひたすらみつつ、サイクリングロードを歩く。

次なる目的は、セビママ命名「ビューポイント」 公園駐車場を探すために、多摩湖を車で1周した際に発見したポイントなのだ。

そこを目指し、ひたすら歩く・・・歩く・・・

歩く・・・・

歩く・・・

歩く・・・

あ・・・る・・・・・・・く・・・・・(死にそう・・爆)

「なんか、私達らしい旅だよね」と言いながら、

歩く・・・

またまた歩く・・・・・

あ~る~くぅぅぅぅぅううううううううううううう!!!

こんだけ言えば、どんだけ歩いたか分って貰えるであろうよ(笑)

そのポイントに着いた時には、既に日も落ちかけ、もやがかかり、1人では歩けない怖さも伴なっていた。この時私達の命を繋いだもの・・・それは、私が持参した「干し芋」だった。

さて、のんびり腰を下しているわけには行かない。帰らねばいかんのだ。駐車場まで。

ってことは、必然的に、「また歩く」のだ。面倒だから、そのフレーズは端折る!(笑)

駐車場に着いた時には、飼い主の足は棒&筋肉痛になっていたことは言うまでもない。

その後、セビママのお母さん(*以下大ママ)宅で食べたすき焼きが、
"これまで食べたすき焼きの中でNO1" と感じるほど、美味しく感じた。そりゃ、そうだ。
あんだけ歩いたんだから(笑)

これからも、bubu&セビママコンビの旅・・・どんなハプニングが起こるのか・・非常に楽しみだ(笑) 今日も、体は悲鳴をあげているが、気持ちは「楽しい旅だった!」と言い切れる♪

セビママよ、また「私達らしい旅」をしにいこうね(^o^)丿

セビル、大ママ、大大ママ(お婆ちゃん)、セビママ、ありがとう~~!!


Oct26

姉妹水入らず

23:39 PM  Tags:

 

昨夜、bubu妹*ともちゃんが泊まりにきた。先程我が家を後にしたのだが、久しぶりの姉妹の再会。ショッピングしたり、語り合ったり・・・やっぱり、私達姉妹は仲良しだ(笑)

*ところで、これ(画像)1人前のドリンク。グラスの域を超えて、花瓶・金魚蜂クラスの入れ物で登場なのだ。値段は市場価格(笑)よりも、ちょいと高いぐらい。でも、間違いなく水腹になれるお店なのだ。「喉が潤う」...チッチッチ 甘いな。この飲み物は戦いながら飲むものである(笑) ショッピングを済ませ、暑いー!暑いー!と言ってたbubu姉妹も、店を出る時にはガタガタ震えていた。恐るべし・・・だ(笑)

*ともちゃんととっくんも、本当の兄弟のような仲の良さ。だが、1つだけ、とっくんにとって、デメリットがあるとすれば、bubu&ともちゃんが揃うと、鬼嫁が2人に増えると言うことだ(爆) とっくんが、くだらないことを言うと、冷ややかな目で無視する人が×2・・・(爆) 
一方が、「あのオヤジ、何言ってんの?」と言うと、もう一方が「知らなぁーぃ。頭おかしいんじゃないのけ?」などなど・・・・(核爆) このトリオでは至って普通の光景なのだが、他の人から見たら、とっくんに同情するであろうよ・・・プププ。

実家に帰った時も、私の両親からいつも言われる。

「あんた達、二人でとっくんをいじめちゃ駄目でしょ!!」と・・。

そんなことを言う母・妙ちゃんも、微妙にいじめてる気がするのだが、それは心の内にしまっておこう。

*ビボンにとっては、山中湖ツアー&ともちゃんの訪問で、とっても楽しい2連休になったことだろう。幸せそうに熟睡してる顔が、「満足」って顔になってるもんね♪


1  2  3  4  5  6 ]

Information

twitter

bubuのミシン部屋

FEED FOR FRIENDS

Total : counter
Today : *
Yesterday : *

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

Powered by Movable Type 4.261