• 甲状腺機能低下症*はじめに
  • 第1章 甲状腺機能低下症と診断されてから
  • 第2章 ホルモン剤決断

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

Powered by Movable Type 4.261

HOME>ABOUT>第1章 甲状腺機能低下症と診断されてから

─ 自然療法・食事療法で1度は回復した軌跡 ─

甲状腺機能低下症と診断されてから─ 自然療法・食事療法で1度は回復した軌跡 ─

病院にて 食事関係 ビボンの体 bubuの独り言
space
ドッグフード
膿皮症が出来ても、薬ですぐに完治していた

とにかく自分で考えるよりも病院の先生の言うことが1番だ!と何の疑問も持たずに病院命?という感じだった。何かあればすぐ病院、そして薬の投与。一生お薬と付き合っていくんだな~と思ってそれで納得していた。

03'
12.5
避妊手術
04'
3.14
徐脈が発覚し、心臓の検査を受ける 膿皮症が慢性化。
抗生剤投与の繰り返し。アレルギー痒み止め・抗生剤入り塗り薬をずっと使用
4.26 コレステロール値高いことが発覚(値:695)
  5.03 生食スタート
6.16 ハーブ開始
・アルファルファ
・ケルプ
7.12 ルテイン飲み始める 処方されていた薬の投与を止める

自然治癒力や抵抗力の大事さを知り、薬に頼らず体本来の力を出していく大事さを教えられ、手探りではあるけれど、自分でやれることをやっていこう!と決意する。
決して病院を蔑ろにする訳ではない。ただ、「YESマン 飼い主」ではいけないと思った。そして一生薬漬けにさせるのは絶対に嫌だと思った。結果として薬に頼らなければいけない体になったとしても、時間が許す限り、それまでは悩みながら・・・考えながら・・・勉強しながら・・アドバイスを聞きながら・・とにかく自分自身が納得出来る道を貫き通そうと。

病院の先生も私達の意向を快く聞いてくれた。ただ、この姿勢が吉と出れば良いが、西洋医学は悪い所を薬の力で押さえ込む。それは悪循環を防ぐ為。1つの臓器が悪かった場合、体の悪循環が続きまた別の臓器が悪くなるから。そういったこともちゃんと理解した上で・・・・今はとにかく頑張っていこう、頑張るというと肩の荷が重い表現だけど(笑)、そうじゃなくて楽しみながら・・・。

space

8.18 水を良いものに変える (処置→消毒のみ)
膿皮症一気に悪化。
見るのも辛いぐらい膿皮症が全身に広がる。
photo 8/27撮影
その一方で「毛艶」が徐々に良くなってゆく。
8.24 甲状腺ホルモン異常を疑いそれに効くとされる「ヨウ素」系のものを増やして行く
・ヨード卵 ・海藻系
8.25 甲状腺ホルモン検査
(結果は以下)
コレステロール値(921)
space
space 8.26 亜麻仁油を食事に入れ始める (オメガ3) space
9.01 「甲状腺機能低下症」と診断される(T4..0.4以下 FT4..3.0以下)

甲状腺機能低下症の主な症状

icon 表情が悲しい顔である icon 脱毛が見られる icon 2次的なものとして皮膚の悪化
icon コレステロール値が高い icon 毛艶が悪くなる
icon 寝ることが多くボーっとしてることが多い  icon 元気・活力がない
icon ビボンの場合徐脈もこの機能低下が関係してる可能性あり

基本的な対処法(西洋医学)

ホルモン剤の投与。この投与により上の症状の改善が見られる可能性は高い。
しかしながら、一生投与が続くことになる。

我が家での結論

色んな可能性を考慮した上で、もう少しこのままのスタイルで様子を見ていくことに・・。

~11月末     徐々に脱毛が広がる
photo 11月・12月撮影
12月
セカンドオピニオンを聞くため、別の病院へ ・必須脂肪酸投与スタート
・ケルプ量をこれまでの倍に
(朝・晩スプーン2杯ずつ)
 

自然療法では無理なのか・・・半ば諦めの時に、ダメもとでセカンドオピニオンを聞くため別な病院へ。
"必須脂肪酸"投与で脱毛が改善された子もいるとのことで、この先生の指示に従う事に。

12月
中旬
  産毛が生えてきたッ!!
photo 毛の再生!

必須脂肪酸・ケルプの量を倍にしたことが、毛の再生のキッカケになったと思われる。
甲状腺関係のことについては、セカンドオピニオンを求めた先生に全てを任せ、こちらにお世話になることにした。

05'
1.13
血液検査
コレステロール値
(921→524に低下)
毛の再生は順調に進み、すっかり元通りのコートに戻る!(嬉)

元気度も見る見るUP!
  3.01 必須脂肪酸STOP 体調もコートも落ち着き、膿皮症もほぼ完治

2004年12月中旬から回復傾向になり、どんどん良くなっていったビボン。「この方法・やり方ならホルモン剤を投与せずに克服出来るかもしれない」と思った。毛が元通りに戻ってからの日々は本当に本当に嬉しかった。無論、甲状腺機能低下症は脱毛以外にも、甲状腺の血液検査の数値が平均値に戻らないと「完全克服」と言えないのは充分分かっていたが、脱毛し続け・皮膚病に侵され続けた日々は、私にとって心から笑えない時期だった。(色んな思いから一時HPを休止したことがあった。その時のコメントなどはこちらにUPしておきます※別窓で開きます
だが、本当に辛かったのはビボンだったはずだ。ホルモン剤に頼らず、ここまで持ち直してくれたビボンの治癒力・頑張り・・私はこの子を誇りに思う。 ただ・・・この後また・・脱毛と皮膚病がビボンを脅かし始めた。 ホルモン剤の投与・・・それに踏み切るまでを第2章で綴ることにする。

Previous " はじめに "|

PAGE TOP